PROFILE

Takayuki Shiraishi

DJ / Producer

東京生まれ。70年代後半、パンク~ポストパンクの影響で音楽制作を始める。1980年、高校生の時に日本の伝説的レーベルVanity RecordsよりBGM名義でアルバムを発表。80年代末にはデトロイトテクノとの出会いをキッカケにダンス・ミュージックへシフトし、95年にテクノの名門レーベル、ベルギーR&S傘下のApolloからPlanetoid名義でシングルをリリース。

その後、日本のテクノ黎明期を代表するSyzygyを始めとした様々なレーベルからテクノ、ディープハウス、ブレイクビーツ、アンビエントなど様々なスタイルの作品を発表。

2019年8月から2020年の5月にかけては、80年代後半の未発表曲集『Missing Link』、BGM『Back Ground Music』のリイシュー、90年代前半にレコーディングした曲からピックアップした『Anthologia』の三作品がMule Musiqの別部門Studio Muleよりアーカイブシリーズとしてリリースされた。

そして2020年12月、Zineと7''Vinyl、フォトカードがセットになった作品集『dʌ́b』を自身のプライヴェートレーベル HERE.のローンチ第一弾として発表。2021年9月には1983年から1986年にMLD名義で録音した作品をコンピレーションをフランスのCamisole Recordsからリリースした。

Born in Tokyo, Japan.

He started making music in the late 70's under the influence of punk and post-punk, and in 1980, when he was still in high school, he released an album under the name BGM on the legendary Japanese label Vanity Records.

At the end of the 80's, after an encounter with Detroit techno, he shifted his focus to dance music, releasing a single in 1995 under the name Planetoid on Apollo, the ambient division of the Belgian label R & S Records.

Since then, he has released various styles of techno, deep house, breakbeats and ambient on various labels, including Syzygy, which represented the dawn of techno in Japan.

From August 2019 to May 2020, three works were released as an archive series by Studio Mule, another division of Mule Musiq: "Missing Link", a collection of unreleased tracks from the late 80s, a reissue of the BGM's "Back Ground Music", and "Anthologia", a selection of tracks recorded in the early 90s.

In December 2020, he launched his own private label HERE. and released a collection of his work 'dʌ́b', which includes a zine, 7''Vinyl and a photo card.

In September 2021 he released a compilation of his recordings under the name MLD between 1983 and 1986 on the French label Camisole Records.