PROFILE

Takayuki Shiraishi

DJ / Producer

東京生まれ。70年代後半、パンク~ポストパンクの影響で音楽制作を始める。1980年、高校生の時に日本の伝説的レーベルVanity RecordsよりBGM名義でアルバムを発表。80年代末にはデトロイトテクノとの出会いをキッカケにダンス・ミュージックへシフトし、95年にテクノの名門レーベル、ベルギーR&S傘下のApolloからPlanetoid名義でシングルをリリース。その後、日本のテクノ黎明期を代表するSyzygyを始めとした様々なレーベルからテクノ、ディープハウス、ブレイクビーツ、アンビエントなど様々なスタイルの作品を発表。2019年8月から2020年の5月にかけては、80年代後半の未発表曲集『Missing Link』、BGM『Back Ground Music』のリイシュー、90年代前半にレコーディングした曲からピックアップした『Anthologia』の三作品がMule Musiqの別部門Studio Muleよりアーカイブシリーズとしてリリースされた。そして2020年末、Zineと7''Vinyl、フォトカードがセットになった作品集『dʌ́b』を自身のプライヴェートレーベル HERE.のローンチ第一弾として発表。